スタッフブログ大規模修繕に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

大規模修繕の豆知識の記事一覧

長く住み続けて貰うためには?

町田市・相模原市のオーナーの皆様、こんにちは! マンション・アパートの建物の事なら、ワンリニューアル☆ 町田市・相模原市地域密着の大規模修繕・マンション修繕・防水工事・外壁塗装専門店のワンリニューアルです! 今回は 『長く住み続けて貰うためには?』 を ご紹介させて頂きます! ================= いつの時代、どのような商売においても、 消費者の需要に合った商品を提供する供給者が 成功していることは言うまでもありませんが、 不動産賃貸においても同じです。 「商品=賃貸物件」を「消費者=入居者」の希望に当てはまる 魅力的な物件として維持・提供していくのが 「供給者=オーナー」の仕事の基本となります。 ただ、全ての管理をオーナー様一人で行うのは難しいため、 管理会社に代行を依頼するケースが多いと思われます。 きちんと行ってくれる管理会社なら良いのですが、 残念ながら中には同じ管理料を支払っても、 バレないだろうと手抜きをして適当に済ます業者もいるのが実情です。 その場合、管理会社を責めたところで問題の解決にはなりませんし、 消費者目線からすると、ずさんな業者に依頼したオーナーにも責任がある と捉えられてしまいますので注意が必要です。 管理会社任せで丸投げにするのではなく、ご自身でも概要程度は把握をしておくことで 入居者とのトラブル回避を行いましょう。 また、入居者の欲求について理解することも必要です。 右の図は、「マズローの欲求」といい心理学者アブラハム・マズローが 「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、 人間の欲求を5段階に理論化したものです。 これを見てみると第一段階の食事や睡眠などの生理的欲求の次には、 安全欲求が求められていることがわかります。 安全欲求には、病気や不慮の事故などに対するセーフティ・ネットも含まれます。 危険な箇所が放置されている建物と、事故などの心配なく快適に過ごせる建物では、 どちらが安全欲求を満たせるかは言うまでもないでしょう。 定期的にご自身の建物が安全かどうか見直してみることで、入居者の安全欲求が満たされ 長期的な入居に繋がる第一歩となるでしょう。 =================     町田市相模原市の大規模修繕専門店ワンリニューアルでは 大規模修繕の悩むオーナー様の不安・疑問を専門ショールームで解説しております。 「大規模修繕の費用を抑えたい」と考えられるオーナー様はぜひ一度お問い合わせください! ご相談・お問い合わせは下記のバナーをクリックしてください!   本日もブログを読んでいただきありがとうございました! さらに大規模修繕について知りたい! という方はぜひ無料の資料をご覧ください! ・劣化は気になるけどコストはかけたくない ・いつ修繕工事をしたらいいのか分からない ・大きな工事なので失敗したくない、、、 そんなお悩みをお持ちの オーナー様へ朗報です! ワンリニューアルのダウンロード資料では ホームページ上では載せきれない、 専門店だからこそ知る、 ここだけの大規模修繕の情報が盛りだくさん! 無料資料ダウンロードは こちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ ワンリニューアルは建物診断を無料で行っています。 資格を持つ修繕のプロがドローン・ 赤外線カメラを用いて詳細な診断を行います。 正しい賃貸経営はまず建物の状態を知ることから! 無料建物診断はこちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 2023年1月30日 更新
大規模修繕の豆知識

このまま持ち続けるべき?売却するべき?

町田市・相模原市のオーナーの皆様、こんにちは! マンション・アパートの建物の事なら、ワンリニューアル☆ 町田市・相模原市地域密着の大規模修繕・マンション修繕・防水工事・外壁塗装専門店のワンリニューアルです! 今回は 『このまま持ち続けるべき?売却するべき?』 を ご紹介させて頂きます! ================= 不動産を保有するオーナー様にとって、今回のテーマは永遠の課題とも言えますが、 どちらが良いかは最終的にはオーナー様の判断となります。 ここでは両者のメリットとデメリットを簡単にお伝えしますので 判断のご参考にしていただければと思います。 ●『長期保有』のメリット 『長期保有』の最大のメリットは、ローンが完済してしまえば、 家賃収入の大半がそのまま収益になることです。 もちろん修繕積立金や管理費、税金などの経費は毎年かかりますが、 ローンの支払いがなくなった分、利益率は一気に上がります。 特に次の三拍子が揃ったマンションは 経営が安定しやすいため『長期保有』を考えても良いでしょう。 ①好立地である:駅近や、近隣に商業施設があるなど ②入居率が高い:満室の状態が続き、空きがでてもすぐに次の申し込みが入る ③管理が行き届いている:信頼のおける管理会社がおり、建物全体の管理把握をしている また、長年に渡り同じ方が入居しているマンションも『長期保有』が賢い選択です。 中には1人の入居者が数十年間も同じ部屋に住み続けるというケースもあります。 こういった物件は、住宅設備の故障時の交換程度で大きなリフォーム代はかかりませんし、 空室期間が発生しないのですからハウスクリーニングや入居者募集にかかる費用も必要ありません。 また、築年数が経っても集客のために家賃を下げる必要もないので、 非常にランニングコストが良い、長期保有にとって理想的な物件といえるでしょう。 逆に言えば、入居者が頻繁に入れ替わり空室期間が長い 「高コスト×低リターン」のマンションはある程度のところで 見切りをつけて『売却』する判断も必要ということです。 ●『売却』のメリット 『売却』のメリットは、保有しているマンションの売却と、 さらに有利な中古マンション購入を繰り返し行うことで 利回りを高め経営を安定化させていけることです。 例えば、 ①初めに郊外の中古マンションを購入 ②手入れをして売却 ③都心の駅近マンションに買い替えて、より安定した経営環境をつくる (タイミングに応じて②、③を繰り返す) と言った具合です。 売却派の生命線となるのは、何と言っても売却するタイミングです。 ここを見誤ると利益率を大幅に下げる原因となってしまいます。 不動産の価格は好景気の時に上がり、不景気の時に下がるのが基本です。 不景気になって漠然と不安を感じ、安値で売却してしまう… …これは最も避けたいパターンですね。 利益率を維持するには買い手が魅力を感じるタイミングでの売却が必須になります。 景気だけに限らず、様々な社会情勢や需要にアンテナを張っておくと良いでしょう。 そうは言ってもタイミングを見計らう自信が無い…という方は まずはご自身の物件の魅力を上げる工夫をしてみてはいかがでしょうか? =================     町田市相模原市の大規模修繕専門店ワンリニューアルでは 大規模修繕の悩むオーナー様の不安・疑問を専門ショールームで解説しております。 「大規模修繕の費用を抑えたい」と考えられるオーナー様はぜひ一度お問い合わせください! ご相談・お問い合わせは下記のバナーをクリックしてください!   本日もブログを読んでいただきありがとうございました! さらに大規模修繕について知りたい! という方はぜひ無料の資料をご覧ください! ・劣化は気になるけどコストはかけたくない ・いつ修繕工事をしたらいいのか分からない ・大きな工事なので失敗したくない、、、 そんなお悩みをお持ちの オーナー様へ朗報です! ワンリニューアルのダウンロード資料では ホームページ上では載せきれない、 専門店だからこそ知る、 ここだけの大規模修繕の情報が盛りだくさん! 無料資料ダウンロードは こちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ ワンリニューアルは建物診断を無料で行っています。 資格を持つ修繕のプロがドローン・ 赤外線カメラを用いて詳細な診断を行います。 正しい賃貸経営はまず建物の状態を知ることから! 無料建物診断はこちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 2023年1月25日 更新
大規模修繕の豆知識

長期修繕計画の必要性と、作成時期

町田市・相模原市のオーナーの皆様、こんにちは! マンション・アパートの建物の事なら、ワンリニューアル☆ 町田市・相模原市地域密着の大規模修繕・マンション修繕・防水工事・外壁塗装専門店のワンリニューアルです! 今回は 『長期修繕計画の必要性と、作成時期』 を ご紹介させて頂きます! ================= 長期修繕計画とは、建物の大規模修繕や定期点検などの予定を 10年、20年と長期的な期間を見据えて作成した計画のことを言います。 ではなぜ、こんなに長期的な計画が必要なのでしょうか。 建物はどんなに大切に扱ったとしても、経年劣化による破損・汚損からは 逃れることができません。人間の老化と同じですね。 賃貸経営のオーナー様は建物・設備の修繕に備えるために 個別に修繕資金を準備する必要がありますが 急に設備が壊れたり修繕が必要になった場合に 「お金が無いから修繕ができない…」では困ります。 家賃を支払っていただいている入居者様に対して、 賃料に見合った生活環境を整えておかないと、 思わぬトラブルに発展するケースも考えられるからです。 予め長期修繕計画書を作成しておくことで 「いつ・どのような修繕が必要で費用はどれくらいかかるのか」を 事前にしっかりと把握し、修繕資金を準備しておけるため、必ず必要なのです。 では、計画はいつから始めれば良いのでしょう。 計画が無いまま、行き当たりばったりの経営を続けてしまうと 短期的な出来事に左右されて損をしてしまうリスクが高くなります。 その一番の例が、「大規模修繕」です。 目的も直す箇所も計画していない中で大規模修繕を行うと、 全てが業者任せとなってしまい自分で判断ができません。 また、一度業者に見積をお願いすると、 焦りや不安から冷静な判断が難しくなることも考えられます。 ですから「長期保有し不労所得の最大化」を決断された時点で計画を作成しておく必要があるのです。 =================     町田市相模原市の大規模修繕専門店ワンリニューアルでは 大規模修繕の悩むオーナー様の不安・疑問を専門ショールームで解説しております。 「大規模修繕の費用を抑えたい」と考えられるオーナー様はぜひ一度お問い合わせください! ご相談・お問い合わせは下記のバナーをクリックしてください!   本日もブログを読んでいただきありがとうございました! さらに大規模修繕について知りたい! という方はぜひ無料の資料をご覧ください! ・劣化は気になるけどコストはかけたくない ・いつ修繕工事をしたらいいのか分からない ・大きな工事なので失敗したくない、、、 そんなお悩みをお持ちの オーナー様へ朗報です! ワンリニューアルのダウンロード資料では ホームページ上では載せきれない、 専門店だからこそ知る、 ここだけの大規模修繕の情報が盛りだくさん! 無料資料ダウンロードは こちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ ワンリニューアルは建物診断を無料で行っています。 資格を持つ修繕のプロがドローン・ 赤外線カメラを用いて詳細な診断を行います。 正しい賃貸経営はまず建物の状態を知ることから! 無料建物診断はこちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 2023年1月20日 更新
大規模修繕の豆知識

長期保有におすすめの外壁タイル修繕方法

町田市・相模原市のオーナーの皆様、こんにちは! マンション・アパートの建物の事なら、ワンリニューアル☆ 町田市・相模原市地域密着の大規模修繕・マンション修繕・防水工事・外壁塗装専門店のワンリニューアルです! 今回は 『長期保有におすすめの外壁タイル修繕方法』 を ご紹介させて頂きます! ================= RC構造のマンション・アパートの中には、 外壁にタイルを使用した建物が多く見られます。 タイルの場合は外観に目立った損傷が無く、綺麗な状態であれば 修繕は必要ないと考える方もいらっしゃるかも知れません。 しかし外からは問題が無いように見えても 実は内部では年数とともに劣化が進んでいるケースも少なくないのです。 オーナー様の自己判断で 「タイル補修は必要ないだろう」と考えてしまうと、 思わぬ損失や事故に繋がる可能性もありますので注意が必要です。 タイルの施工方法で多いのが下地にはモルタルを使用し タイルとタイルの間をシーリングで埋める方法ですが 時間経過と共にシーリングが痩せたり モルタルとタイルの接着が弱くなったりして剥がれてしまう事があります。 剥がれたタイルの落下による事故は 入居者様との信用問題へ繋がりますので 絶対に避けたいものです。 また、タイルの剥がれやヒビ部分をそのまま放置し続けてしまうと、 モルタル面が外気に触れて内部のコンクリートが中性化してしまいます。 まず「中性化」について説明しておきますとコンクリート内は通常 水酸化カルシウムを多く含む為pH12~13の強アルカリ性となっており 薄い酸化皮膜である不動態被膜を形成することで 鉄筋のサビ等を防いでいます。 しかし空気中の二酸化炭素がコンクリート表面に接触すると 化学反応を起こして水酸化カルシウムが炭酸カルシウムと水に変化し 酸性に傾いてしまうのです。 これを「コンクリートの中性化」といいます。 中性化により不動態被膜を失った内部の鉄筋は錆びて膨張し、コンクリートにひび割れを生じさせます。 そのひび割れからコンクリート内部に雨水等が侵入し、 更に鉄筋は錆びる…という加速的な劣化への悪循環が発生してしまうのです。 こうなると室内への雨漏りが発生したり、コンクリート自体の表面剥離や崩落が起こる危険も出てきます。 建物の構造上の問題となれば、修繕に膨大な費用がかかったり、売却できなくなるリスクもあります。 と、ここまでは最悪の事態を想定したものですが、 こうならない為の予防策もあります。 おすすめの方法は「クリア塗装」です。 タイル上に防水材で2層の膜を付けて外気に触れにくくする事で 目地やタイル内側の劣化スピードを遅らせ、剥離を防ぐ効果があります。 また、劣化が進行する前に予防策を実施しておくことで 将来的な修繕費用が抑えられるというメリットもありますので 一度ご検討してみてはいかがでしょうか。 =================     町田市相模原市の大規模修繕専門店ワンリニューアルでは 大規模修繕の悩むオーナー様の不安・疑問を専門ショールームで解説しております。 「大規模修繕の費用を抑えたい」と考えられるオーナー様はぜひ一度お問い合わせください! ご相談・お問い合わせは下記のバナーをクリックしてください!   本日もブログを読んでいただきありがとうございました! さらに大規模修繕について知りたい! という方はぜひ無料の資料をご覧ください! ・劣化は気になるけどコストはかけたくない ・いつ修繕工事をしたらいいのか分からない ・大きな工事なので失敗したくない、、、 そんなお悩みをお持ちの オーナー様へ朗報です! ワンリニューアルのダウンロード資料では ホームページ上では載せきれない、 専門店だからこそ知る、 ここだけの大規模修繕の情報が盛りだくさん! 無料資料ダウンロードは こちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ ワンリニューアルは建物診断を無料で行っています。 資格を持つ修繕のプロがドローン・ 赤外線カメラを用いて詳細な診断を行います。 正しい賃貸経営はまず建物の状態を知ることから! 無料建物診断はこちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 2023年1月19日 更新
大規模修繕の豆知識

ワンリニューアルの大規模修繕

町田市・相模原市のオーナーの皆様、こんにちは! マンション・アパートの建物の事なら、ワンリニューアル☆ 町田市・相模原市地域密着の大規模修繕・マンション修繕・防水工事・外壁塗装専門店のワンリニューアルです! 今回は 『ワンリニューアルの大規模修繕』をご紹介させて頂きます! ================= オーナーの皆様こんにちは 大規模修繕を行わなければいけないのはわかっているけれど。。。。 という方からのご相談をたくさん頂きます 少しでもオーナー様のお力になれます様 今回はワンリニューアルの大規模修繕の考え方をご紹介させて頂きます!   ◇ワンリニューアルの考え方 『長期保有されるオーナー様向けご提案』 数多くのご相談内容の一部をご紹介させて頂きますと 中古で賃貸物件を購入され運営を進める為にどうしたらいいのか 大規模修繕を行ってくださいと管理会社から言われているが保有資金の全てを掛けての修繕に抵抗がある 大規模修繕をしたけれどもその後何の連絡もない 工事後どうなるのか不安 管理会社との付き合いは続けていきたいけれど提案金額が高すぎて承諾が出来ずにいる 大規模修繕で全部を一度に行わないと余計な費用がかかると言われている 退去者が増えて来て入居率があがらない 大規模修繕の概要がよくわからない 予算を決めており一度に全ての工事が出来ない   等々オーナー様によって、また状況によっても様々なご相談を頂いております。 ワンリニューアルの考え方は『大規模修繕=手段』であり その目的は『長期保有し不労所得の最大化』を実施する事としております。 その目的を達成させる為に「修繕」が必要であり 収益最大化をするために「入居率」にこだわり 同様に収益最大化を行う為に「家賃」にもこだわりを持ってオーナー様と一緒に考え 最良のご提案をさせて頂いております。 賃貸経営 賃貸経営は40年~50年と言われております。 その中で、最大収益化を行う為にどうするのか。 結論。 サンプル(事例)運営などない! でございます。 理由は、立地条件であったりエリア特有の構造であったり様々な要因を考慮したうえで考案していかなければなりません。 オーナー様のお考えもそれぞれに異なる中で、同じご提案は通用しないという事でございます。 収支計画 物件を所有され、賃貸経営を行われる最初この収支計画表を立てられたと思います。 現在の年数と比較され、いかがでしょうか。 計画通りの推移を保たれていらっしゃいますでしょうか。 手元に計画分の資金を保有されていらっしゃいますでしょうか。 多くのオーナー様が、途中の入居率の状況や想定外の補修工事等で大幅な差が出ていらっしゃいます。 そんな中管理会社から計画通りの大規模修繕の提案が来てしまい、目を丸くされていらっしゃるのではないでしょうか。 足りない分は、銀行からの融資を検討し・・・ 不労所得の収益最大化を目標に賃貸経営を始めたはずなのに、マイナスが続いてしまう状況というのは本末転倒でございます。 ワンリニューアルでは、収支計画の見直しももちろんご提案させて頂いております。   多額の大規模修繕提案 管理会社様とのお付き合いも大切ではございますが、では何故管理会社様は 一括で行う多額の大規模修繕を提案されるのでしょうか。 大きな理由は3点あると考えられます。 分割にすると管理が大変 一度に行った方が余計な費用が掛からない 一度に行う事がその管理会社の方針であるか 管理が大変 管理会社様は、何人ものオーナー様の物件を管理されております。 その為、管理が煩雑になってしまう為に該当時期に一括で工事のご提案をされます。 また、管理会社様ですので収支の状況も把握されておりますので その『収入』部分の金額に相応しい工事を提案されてくるケースが多い様です。 余計な費用が掛からない 修繕工事の金額だけを見ると確かに分割工事の方が費用が発生してしまいます。 その理由の多くは、仮設工事(足場工事)が複数回(工事回数毎)に費用が発生してくるからです。 決して『誤差』の範囲で済まされない仮設工事費用ですので、その辺りを強調される管理会社様が多くいらっしゃいます。 しかし、実際はどうなのでしょうか。 分割工事を行う事で、年間の税金や1回の工事費用を削減する事が可能となります。 また、一括でまとめられている工事詳細ですと耐用年数内の修繕不要箇所工事費の支出も考えられます。 税金の面や手元資金の減少等を考慮しますと、一括工事も分割工事もメリットデメリットがそれぞれあります。 現在のオーナー様の状況だけに限らず、世情により状況の変化が激しい現在ですので ワンリニューアルでは、しっかりと相談しながら進めさせて頂きます。 管理会社の方針 管理会社様の社員さんも何十年も大規模修繕を担当されて来た方ばかりではないと思います。 分割工事となりますと、数年の経験や知識では補えない内容となってしまう為 管理会社様の中でマニュアル化されている事が多く見受けられます。 そもそも工事を行うのは、管理会社様自社である可能性も低く下請けの専門業者へ委託される為 工事内容の詳細に関して、管理会社ご担当者様では不明な場合も多々ございます。 その為、工事詳細を伺っても大まかな内容しか答えられず細部の説明も曖昧になりがちです。 一部ワンリニューアルの無料診断内容をご紹介させて頂きます。 詳細もしっかりと画像と文言でご説明させて頂きます。 高層部分は診断時、ドローンを使用して詳細を確認させて頂きます。 是非他社様のお見積り詳細と比較して頂けますと幸いでございます。 ================= オーナー様に寄り添い『長期保有&不労所得の最大化』のお手伝いをさせてください。 工事も診断も自信があるからショールームを構えております! 是非お立ち寄りください。お待ちしております!!     =================     町田市相模原市の大規模修繕専門店ワンリニューアルでは 大規模修繕の悩むオーナー様の不安・疑問を専門ショールームで解説しております。 「大規模修繕の費用を抑えたい」と考えられるオーナー様はぜひ一度お問い合わせください! ご相談・お問い合わせは下記のバナーをクリックしてください!   本日もブログを読んでいただきありがとうございました! さらに大規模修繕について知りたい! という方はぜひ無料の資料をご覧ください! ・劣化は気になるけどコストはかけたくない ・いつ修繕工事をしたらいいのか分からない ・大きな工事なので失敗したくない、、、 そんなお悩みをお持ちの オーナー様へ朗報です! ワンリニューアルのダウンロード資料では ホームページ上では載せきれない、 専門店だからこそ知る、 ここだけの大規模修繕の情報が盛りだくさん! 無料資料ダウンロードは こちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ ワンリニューアルは建物診断を無料で行っています。 資格を持つ修繕のプロがドローン・ 赤外線カメラを用いて詳細な診断を行います。 正しい賃貸経営はまず建物の状態を知ることから! 無料建物診断はこちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 2022年11月28日 更新
大規模修繕の豆知識

大規模修繕に関する会計処理方法についてご紹介!勘定科目は??

町田市・相模原市のオーナーの皆様、こんにちは! マンション・アパートの建物の事なら、ワンリニューアル☆ 町田市・相模原市地域密着の大規模修繕・マンション修繕・防水工事・外壁塗装専門店のワンリニューアルです! 今回は 『大規模修繕に関する会計処理方法についてご紹介!勘定科目は??』 を ご紹介させて頂きます! ================= オーナーの皆さまこんにちは ワンリニューアル情報担当です! 朝晩過ごしやすい気候となり 秋を感じますね 食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋等々言いますが皆さまはこの秋はどの様にお過ごしのご予定でしょうか さて オーナー様の頭の片隅に随時居座る【大規模修繕】という言葉ですが 皆さまは どの様に対策されていらっしゃいますでしょうか 管理会社様にお任せの方もいらっしゃいますが この記事を読んで頂いている方は 大変ながらも ご自身である程度は内容等把握され運用運営を行なっていらっしゃる事とお見受けします この記事が少しでも お役に立てますと嬉しい限りでございます!   Ans. 工事内容によって、勘定科目が変わります。 ▼⇒現状維持ではなく、建物に付加価値を付ける工事   ⇒資本的支出    ※資産計上する事となりますので工事を行なった事業年度以降に減価償却が必要となります。 ▼⇒原状回復・維持・管理の為の工事   ⇒修繕費 ================= それでは詳細! ◍会計処理  ┖資本的支出?修繕費?  ┖処理方法   処理方法は2種類 まずは表題の通り「会計処理」についてお話しさせて頂きます。 処理方法は2種類ございます。 『資本的支出』or『修繕費』 その処理方法によって、税金の金額が変わってきますがその基準が曖昧な為 オーナー様にとって悩ましい所ではないでしょうか。 大規模修繕等で高額な費用を支出した場合、会計処理上『資本的支出』『修繕費』の項目となります。 大規模修繕の科目は「資本的支出」or「修繕費」?   ◇資本的支出とは  ┖金額の目安は20万円以上の費用で、建物の価値を向上させる為   資産として仕訳する事となり、建物の耐用年数に合算して減価償却をしていく必要がある 元の状態に戻すだけではなく、建物の価値を上げる・耐久性を上げる様な工事を行なった場合は「資本的支出」となります。 建物に新しく付加価値を付ける(物理的にものを追加)する場合に資本的支出が適用されます。 例えば ◍建物に設置されている「階段」を「エレベーター」に変更 ◍建物の入り口を手動から自動に変更 ◍耐久性の高い塗料を使用し、デザイン面を付加した塗装 この様な工事内容の場合、資本的支出が該当する場合があります。 ◎注意点 資本的支出の場合、資産計上する事となりますので工事を行なった事業年度以降に減価償却が必要となります。   上記の表は、あくまでも塗料メーカー等が独自に出している耐用年数となります。 ※法律で定められたものではございませんので、ご注意ください。 資本的支出として計上した場合は、法定耐用年数から耐用年数がどの程度上昇するのか等 減価償却年数を耐用年数表等でご参考にして頂けたらと思います。   ◇修繕費  ┖現状回復・維持・管理の為に行なった工事費用を「修繕費」の勘定科目を用いて仕訳を致します。 劣化した部分を「元の状態に戻す工事」となります。 例えば ◍建物のクラックや塗装の剥がれによる塗装工事 ◍防水効果が落ちた為の防水工事 ◍色落ち等の劣化による塗装工事 この様な場合、修繕費科目として仕訳を行ないます。 その際、全額を修繕費として計上する場合は資産計上を行なわないため減価償却処理は行ないません。   ◇資本的支出×減価償却費 減価償却費の計算方法は2種類 減価償却費の計算方法は「定額法」と「定率法」の2種類あります。 資本的支出で計上する場合は、資産価値が上がる為この減価償却費科目として仕訳を行ないます。 ◎定額法・定率法 ◍定額法 ⇒毎年同じ額を減価償却費として計上 ◍定率法 ⇒工事を行なった初期に多く計上  ┖新しい時の方が性能が高く、高利益を得られる時期に多く計上を行ない   後に、償却費を低減させる方法が取れます。     =================       町田市相模原市の大規模修繕専門店ワンリニューアルでは 大規模修繕の悩むオーナー様の不安・疑問を専門ショールームで解説しております。 「大規模修繕の費用を抑えたい」と考えられるオーナー様はぜひ一度お問い合わせください! ご相談・お問い合わせは下記のバナーをクリックしてください!   本日もブログを読んでいただきありがとうございました! さらに大規模修繕について知りたい! という方はぜひ無料の資料をご覧ください! ・劣化は気になるけどコストはかけたくない ・いつ修繕工事をしたらいいのか分からない ・大きな工事なので失敗したくない、、、 そんなお悩みをお持ちの オーナー様へ朗報です! ワンリニューアルのダウンロード資料では ホームページ上では載せきれない、 専門店だからこそ知る、 ここだけの大規模修繕の情報が盛りだくさん! 無料資料ダウンロードは こちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ ワンリニューアルは建物診断を無料で行っています。 資格を持つ修繕のプロがドローン・ 赤外線カメラを用いて詳細な診断を行います。 正しい賃貸経営はまず建物の状態を知ることから! 無料建物診断はこちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 2022年10月17日 更新
大規模修繕の豆知識

ビル・マンション購入前に知っていたい大規模修繕のアレコレ(初級編)

町田市・相模原市のオーナーの皆様、こんにちは! マンション・アパートの建物の事なら、ワンリニューアル☆ 町田市・相模原市地域密着の大規模修繕・マンション修繕・防水工事・外壁塗装専門店のワンリニューアルです!   今回は 『ビル・マンション購入前に知っていたい大規模修繕のアレコレ(初級編)』 を ご紹介させて頂きます! ================= 購入後、どれ位の収益が出る!? 今回は、初級編という事でこれからビル・マンションを購入され運用を予定されている方に 最大収益化が出来る様、購入時から予定を組む方法を建設業界目線からご紹介させて頂きます! 購入後、何が必要なの!?その期間と費用はどれ位? さて、これからビル・マンションのオーナー様となる皆さま。 購入したら、家賃収入で悠々自適な日々を過ごせる!!とお考えかと思います。 そうなる様にしっかりと今後の計画を建てて、運用していきましょう! 少しでもこの記事がお役に立てますと嬉しい限りです。 マンションの耐用年数 建物はイキモノですので、躯体(建物自体)と設備(水道・電気・エレベーター等)も年月と共に劣化が発生致します。 人間が定期検診を行なっているのと同様に建物にも定期検診が必要となります。 ■建物の法定耐用年数■ 鉄筋コンクリート造(RC造)マンション:47年 レンガ、石造、ブロック造:38年 木造、合成樹脂造:22年 木骨モルタル造:20年 法定耐用年数とは、建物の資産価値がなくなるであろうと国税庁が減価償却期間として定めたものです。 鉄筋コンクリート造(RC造)やSRC造・S造等の鉄筋を使用した建物の場合、その耐用年数は47年と定められています。 また、木造に関しましては22年と定められております。 ■耐用年数とは??■ 耐用年数とは、国税庁が定めた減価償却期間となります。 つまり、建物の価値を年数で表示したものとなります。 購入から、年月が過ぎる度にこの資産価値がどんどん下がって行きます。 極端な話ですが、1億でRC造建物を新築で購入した場合47年後の価値は0円という事となります。 部屋数が20戸だから、1部屋9万円で・・・47年後1億を引いたら1,520万の利益!   ・・・!?ちょっと待った!! 1年で32万!?毎月約27,000円の利益!?!? えっと、、、住民の対応をしたり管理人さん雇ってたらマ・イ・ナ・ス!!?? 悠々自適な日々ではないのでは、、、 ビル購入するメリットって、税金対策だけ!? と感じられた方もいらっしゃるかもしれません。 ============ ちょっと落ち着きましょうか。 この流れですと、正直・・・実は5,000万円程赤字となります。 そもそも、 47年間一度もメンテナンスなしはありえません。 47年間20戸満室でいられる事はほぼありえません。 立地条件等にもよりますが、家賃9万円が妥当かどうかもわかりません。 建物の寿命が来た場合、建物を放置する事は出来ません。   う~~ん。。。 なんか面倒そうだし、とりあえず管理会社があるから任せておけばOKでしょ! いえいえ。最大の利益を手にする為には必要な費用不要な費用をしっかりと 把握されていないと後々後悔する事になるかもしれませんよ! 税金対策で建物を購入したとしても、最終的にツケは来ます。 それが、解体です!! とちょっとマイナスのことばかり記載してしまいましたが、一度元に戻りますね。 法定耐用年数=建物の寿命 ではありません。 耐用年数と平均寿命 法定耐用年数=建物の寿命 ではない!という大切な所をご紹介致します。 まず、法定耐用年数とは先ほどご紹介させて頂きました通り劣化度合い等を考慮し 資産価値として適用される年数の事です。 その為、的確なメンテナンスや修繕を行ない続けている建物に関しましては 法定耐用年数とは別に資産価値を維持する事が可能となります。 例えば、読者様が中古物件を購入しようと考えているとします。 その際、立地も建物規模も費用感も同じ物件があった場合下記のどちらを購入されますか? ◍メンテナンスを一度もしていない外壁が剥がれた建物 ◍定期的なメンテナンスを行なった綺麗な建物 迷う間もなく、一瞬で後者を選択されると思います。 同様に、入居者様も同条件であればキレイな建物を選ばれるでしょう。 そして、その定期的なメンテナンスをしっかりと行なわれる事で 建物の寿命を70年~80年に伸ばす事が可能となります。 人間の寿命が80歳と考えますと、パートナーとも思えてきますね! そして、同様の年数をイキルのであればオーナー様ご自身よりも長く生きる可能性が高くなります。 時代に合わせた改修を行なわれますと、更に保持期間が長くなりますね。 30代でオーナー様となった場合、オーナー様ご自身が健全であっても110歳以上正常な判断を持ちつつ 生きながらえる事は難しいでしょう。 そうなりますと、後生に受け渡す事となりますがその際にボロボロの建物を渡されても喜ばれる事は一切ありません。 しっかりとメンテナンスを施し、後生にも喜ばれる建物を維持していく必要性と責任が発生致します。 購入時に大きな金額をかけられていると思います。 更にメンテナンスで費用が掛かるの!?と思われたかもしれませんが オーナー様ご本人のみが費用を負担する訳ではございません。 例えば管理費という名目で居住者様より徴収する事が可能です。 その積立てにより、適正な時期に適正な内容でメンテナンスを行なう事が出来ます。 一時的に金融機関の住宅ローンを使用される事もあるかもしれません。 その際にも、しっかりと定期検診等を行なっている事象を掲示できるか否かによって 金額差も返済期間差も出て参ります。 また、オーナー様になるという事は他人の居住空間を管理する責任も発生致します。 メンテナンスも含め、専門知識が必要な管理となります。 オーナー様ご自身が管理可能であれば、それに越した事はないのですが現実的ではありません。 そうなりますと、専門の管理会社や購入時の不動産会社に委託される事となります。 この管理に関しましても、費用が発生致します。 そして、残念な事に知識の少ないオーナー様につけ込んで管理会社の利益のみを考え搾取する企業が増えている事も現実です。 オーナー様ご自身に全てをご理解頂き対応して頂きたいとは考えておりません。 ご理解頂きたい点は、 管理会社に任せっきりにしない 居住空間の管理責任がある 建物はご自身のパートナーである という事をしっかりとご認識頂きたいと考えております。 その上で、最大の利益を生み出す為のお手伝いをワンリニューアルでは対応させて頂きます。 ワンリニューアルは、修繕・メンテナンス・費用感や期間の知識に優れたスタッフを在籍させて頂いております。 また、別事業部で足場や塗装専門の部署がござい増す為企業間で発生する無断なマージン費用を抑えられる事から 適正価格で、高品質のご提供が可能となります。 マンションのメンテナンスって? 法定耐用年数・建物の寿命をご理解頂いたところで、実際に新築から解体までに行なわれるメンテナンスの種類と費用感をご紹介させて頂きます。 私たちは、オーナー様の建物1つ1つにこの様なスケジュールをご掲示させて頂いております。     (無料で送付させて頂きますので、ご連絡お待ちしております!) 一般的には、13年~15年に1度は検査とメンテナンスが必要といわれています。 工事内容や規模により、上下はございますが躯体解体までに3回~5回の修繕を行なう事となります。 1回の工事内容により上下が大きいですが、金額が1,000万~3,000万円位となります。 そこを踏まえて積立て管理費の管理をお願い致します。 管理会社経由の場合、そのサイクルで集まった積立て管理費を全て使用する方向でお話しが進みます。 例えば、実施予定の段階で、積立て管理費1,000万円の場合オーナー様負担も合わせて1,500万~2,000万円のお見積りが来るでしょう。 新築から最初のメンテナンスであれば、オーナー様も別でお仕事をされていたり蓄えがあったりされると思いますので すぐにご用意可能であれば問題ございませんが、実はご用意が難しいケースがほとんどとなります。 そうなりますと、金融機関の住宅ローンを使用したり金銭面でちょっと凹む事も出てくるかもしれません。 また、2回目のメンテナンスとなりますとオーナー様がお仕事を引退されて後生の方と一緒に管理監督されるかもしれません。 その際には、満室状態が続いていない可能性もあります。家賃や管理費を下げているかもしれません。 そうなりますと、積立て管理費が初回よりも低くなりオーナー様のご負担が増える可能性もあります。 場合によっては、本来行ないたい工事が費用面で断念せざるを得ない状況になってしまう可能性があります。 工事を先延ばしにした影響により、居住者様が減る更には大きな改修が必要になってしまう等の 負の循環が発生してきてしまします。 そうならない為には、管理会社に任せっきりにせず適正価格で適正な修繕内容なのかをしっかりと見極める必要があります。 本当に必要な工事を必要なタイミングで行なって頂く事が大切であると、私たちは考えております。 確かに、一気に工事を進めて頂いた方が仮設工事代も1回分で済みますし、トータル工事費用で見ますと低く済みます。 余裕がある場合は、それで問題ないでしょう。 しかしワンリニューアルにご相談頂くお客様の多くは一気に工事が出来る程余裕がないオーナー様がほとんどです。 そんな中で、管理会社から大きな負担の内容見積りが来てしまったら建物を購入してワクワクしていたはずなのに何だかガックリしてしまいますよね。   ワンリニューアル実績からみる企業選びのポイント 先にご紹介したメンテナンス一覧は、あくまでも目安となります。 建物の立地や躯体の構造等により、差が出ますので直接専門業者の確認をご依頼されることをオススメしております。 中には、出張費名目で費用を取られる場合もございますが基本的には無料で診断してくれる企業が多いと思います。 その際に、気を付けて頂きたい業者選びは 訪問営業ではない事 危険を煽る言い方ではないかどうか 施工実績が多い事 無料診断後に、見積りが出ますが見積り内容の詳細をしっかり説明されるかどうか 見積の有効期限が2週間以上あるかどうか 検査立会いが可能か⇒否もしくは立ち会いをよく感じていない場合は要注意です   ◍見積りの費用差が出る箇所 仮設工事(足場工事) 防水工事の面積   管理会社任せの場合、項目毎に下請け会社に依頼する事となりますので中間マージン(手数料等)が発生し単価があがります。 その為、管理会社ではなく直接専門業者へご依頼される方が費用面も仕上がりも高品質となりやすい傾向があります。 見積の費用差が出やすい箇所は、工事内容にもよりますが基本的には『仮設工事と防水の面積』が多いと見受けられます。 ◇仮設工事(足場工事) 専門知識や経験が必要となる為、専門業者へ委託される事が大半です。 その場合、弊社の様な足場専門の部署がある企業は中間マージンが発生せず、また自社職人の為臨機応変に対応が可能となります。 委託依頼の場合と比べると単価面でもかなり差が出やすくなります。 ◇防水工事の面積 防水工事には、複数の対応方法があります。 複数社の見積りを比べた際に、同じ工事方法で防水工事費用に大きく差が出た場合は注意が必要となります。 必要面積以上の防水剤を見積りされている可能性が高くなります。 しっかりと必要面積を計測してくれている企業を選びましょう。 逆に極端に安い場合も注意が必要となります。 期間等の関係もありますが、本来であれば2人で作業をする内容を1人で対応する。 または、防水効果を上げる為の工程を行なっていない等の可能性も出て来ます。 お見積書の内容を見比べて見る事が、一番気付きやすいですので 管理会社からの1社のみで発注するのではなく、数社のお見積りを頂く事をオススメ致します。 ワンリニューアルの特徴 ワンリニューアルでは、オーナー様と末永くお付き合い頂ける様大規模修繕の計画から診断まで無料で行なわせて頂きます。 しっかりとご理解頂いた上で、必要な改修工事をご提案させて頂きます。 特に積立て管理費をお伺した上で、現在の改修優先順位を設けさせて頂きます。 その中で、費用感も含め一緒にご相談させて頂きながら進めて行く手法をとっております。 =================     町田市相模原市の大規模修繕専門店ワンリニューアルでは 大規模修繕の悩むオーナー様の不安・疑問を専門ショールームで解説しております。 「大規模修繕の費用を抑えたい」と考えられるオーナー様はぜひ一度お問い合わせください! ご相談・お問い合わせは下記のバナーをクリックしてください!   本日もブログを読んでいただきありがとうございました! さらに大規模修繕について知りたい! という方はぜひ無料の資料をご覧ください! ・劣化は気になるけどコストはかけたくない ・いつ修繕工事をしたらいいのか分からない ・大きな工事なので失敗したくない、、、 そんなお悩みをお持ちの オーナー様へ朗報です! ワンリニューアルのダウンロード資料では ホームページ上では載せきれない、 専門店だからこそ知る、 ここだけの大規模修繕の情報が盛りだくさん! 無料資料ダウンロードは こちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ ワンリニューアルは建物診断を無料で行っています。 資格を持つ修繕のプロがドローン・ 赤外線カメラを用いて詳細な診断を行います。 正しい賃貸経営はまず建物の状態を知ることから! 無料建物診断はこちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 2022年6月21日 更新
大規模修繕の豆知識

町田市・相模原市に大規模修繕の費用の差

町田市・相模原市のオーナーの皆様、こんにちは! マンション・アパートの建物の事なら、ワンリニューアル☆ 町田市・相模原市地域密着の大規模修繕・マンション修繕・防水工事・外壁塗装専門店のワンリニューアルです! 今回は 『町田市・相模原市に大規模修繕の費用の差』 を ご紹介させて頂きます! =================   町田市・相模原市のオーナー様こんにちは。 正直!!アパート・マンションの大規模工事と言っても、劣化度合いによって分けたいですよね。 でも、 ・大体管理会社に依頼すると全体の工事を提案される・・・ ・積み立てをしているとはいえ、何千万の費用が一気になくなるのはちょっと不安・・・ ・もっと安く出来ないの!? ・資産として持つはずが、何だか負担になってきている・・・ 等などご不満やご相談を頂く事が多くなって参りました。 年度末という時期も影響しているかもしれませんね。 でも何故!?   このブログがその疑問に少しでもお役に立てますと嬉しい限りです♪       ◇何故一気に大規模工事!? その理由は『費用』にあります。 正直なところ、一度に全ての工事を行って頂く事がトータルで一番費用を抑える事が可能です。 そのわけは。。。 「仮設工事」にあります。 マンション・アパートの工事には、この「仮設工事」が絶対的に必要項目となります。 仮設工事=足場 なのですが、工事が終わった後には残らないものにそんなに費用かけたくない!! というご意見が一番多いのではないでしょうか。 🔹分割で修繕工事を行う=仮設工事を分割回数分設置する という事となります。 その為、一気に全ての工事を行う方がトータルで見ると費用が一番安く済むという事となります。 仮設工事費用は、マンションの規模が変化しない限り変わらないので 例えば、(足場が必要な箇所という想定です) 500万円の防水工事+仮設足場費用100万円 100万円の塗装工事+仮設足場費用100万円 極端に言えば 無料の打診検査0円+仮設足場費用100万円となります。 しかしながら、ご注意ください! 大規模修繕に限らず、工事は『足場に始まり足場に終わる』と言われる程重要なポイントなのです なぜなら、この足場がしっかりと工事内容に沿って建てられていない場合 その後の修繕を行う業者様による工事で不具合が発生してしまうのです。 手が届かない箇所が出たり、補修しなければならないのに、足場の柱が邪魔で作業ができなかったり。。。 そんな目的に沿っていない足場にならない様に、しっかりとご検討頂く必要がございます。 そんな仮設工事(足場)ですが、それでは費用感どれ位になるのでしょうか。 建物エリア状況等により、左右されがちですが ◍1㎡あたり @700円~1,400円 で見て頂けたらと思います。 ※現在コロナの影響もあり、部材が大幅に高額になってきております。 その影響から、単価250円~400円程上がってしまっています。   既にご存じの方もいらっしゃると思いますが、足場の費用はマンションの敷地面積で計算されません。 足場架面積という仮設足場をかける面積の事で、 ◍(マンションの外周+8M)×高さ という計算方法で算出されます。 計算された「足場架面積」に先ほどの㎡単価で足場の費用が算出されます。 その為、大きな建物であればあるほどこの仮設工事(足場)費用が掛かってきてしまう状況となります。 また、管理会社様を使用されているオーナー様は そこに更に30%~以上の中間マージンが発生してきてしまいます。 そうなりますと、もう膨大な費用となってしまうのです・・・・ では、どうしたらいいの?? 結論:中間マージンの発生しない専門業者にお願いすればいいのです! いや。そう簡単に言わないでよ。。。 と、そうなりますよね! ・業者さんを探すのも大変だし。 ・そんな時間もないし。 ・そもそも業者わからないし。 手間と時間を考えたら、もう管理会社さんにお任せしちゃった方が楽だし・・・ ちょっとお待ちください!!! もうこのブログを閲覧頂いている時点で、専門業者の窓を叩いて頂いております!! 金額差が出やすいこの仮設工事=足場ですが、 ワンリニューアルの様な専門業者の場合は、先ほどの費用相場の最低ラインに近い金額となります。 管理会社さんにお願いをすると、中間マージンがのりますので最高ラインに近い金額となります。 その為、規模が大きければ大きいほど金額差が出てきます。   実は、一番大切なのは【仮設工事】 ご理解頂けましたでしょうか。 「当たり前の事が当たり前に出来る」企業選びを行なってください。 費用が一番安いから、と契約したけれど 足場職人の質が悪く、その後の工事が出来ない。 それこそ、作業したい箇所に届かず転落してしまった。等 マイナスのイメージが付いてしまう事も残念ながら最近多いのが現状です。   大切な建物・資産です。 オーナー様の目でしっかりと見極めて頂きたいと思います! ワンリニューアルは、町田市にショールームを展開しております。 ご相談にいつでもお越しください! (※大変申し訳ございません。 お客様を訪問させて頂いている事が多く不在の場合はご連絡頂けますと幸いです) 各種専門職人を自社内にて保持しております為、中間マージンが発生せず 高品質・安全・安心のご提供が可能です。   町田市相模原市の大規模修繕専門店ワンリニューアルでは 大規模修繕の悩むオーナー様の不安・疑問を専門ショールームで解説しております。 「大規模修繕の費用を抑えたい」と考えられるオーナー様はぜひ一度お問い合わせください! ご相談・お問い合わせは下記のバナーをクリックしてください!   本日もブログを読んでいただきありがとうございました! さらに大規模修繕について知りたい! という方はぜひ無料の資料をご覧ください! ・劣化は気になるけどコストはかけたくない ・いつ修繕工事をしたらいいのか分からない ・大きな工事なので失敗したくない、、、 そんなお悩みをお持ちの オーナー様へ朗報です! ワンリニューアルのダウンロード資料では ホームページ上では載せきれない、 専門店だからこそ知る、 ここだけの大規模修繕の情報が盛りだくさん! 無料資料ダウンロードは こちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ ワンリニューアルは建物診断を無料で行っています。 資格を持つ修繕のプロがドローン・ 赤外線カメラを用いて詳細な診断を行います。 正しい賃貸経営はまず建物の状態を知ることから! 無料建物診断はこちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 2022年2月14日 更新
大規模修繕の豆知識

町田市・相模原市の大規模修繕費用事情♪

町田市・相模原市のオーナーの皆様、こんにちは! マンション・アパートの建物の事なら、ワンリニューアル☆ 町田市・相模原市地域密着の大規模修繕・マンション修繕・防水工事・外壁塗装専門店のワンリニューアルです! 今回は 『町田市・相模原市の費用事情』を ご紹介させて頂きます! ================= オーナー様を悩ませる「大規模修繕」の費用ですが、その目安としてどれ位の金額を想定されていらっしゃるでしょうか。 その辺りを、しっかりとご紹介させて頂きますね!   ◇工事期間 近年町田市・相模原市におきましては、戸建て住宅における詐欺まがいな営業が多発しておりますが 大規模修繕に関しましても例外ではない事をご認識頂きたいと切に感じております。 大切な建物・資産ですので、しっかりと見極めて頂き建物の寿命も出来る限り長く保持し、更には住人様に居心地の良い空間を提供し長く使用して頂きたいものです。 そもそも、工事期間はどれ位かこのブログをご覧の皆さまでしたらご存じかもしれませんね。 外壁の修繕・屋上防水の修繕・共用部の修繕を中心に一度に修繕を行なうと ◍8戸~30戸 ⇒2~3ヶ月 ◍31戸~50戸 ⇒3~4ヶ月 程と言われております。 その間、住人様にはご不便をお掛けしてしまいます。 洗濯物を干すにも、外に貼られているシートのせいで何だかスッキリしない。 音がうるさくて気が滅入る。 匂いがして、気分が悪い。等々想定される住人様のご不安等は上げれば切りがありません。 それでも、建物の寿命を長く保持し住人様にも安心・安全に生活をして頂く為には 避けて通れない工事である事をご理解頂く必要がございます。 住人説明会を行なっても、出席してくださる方も少ない中工事をスタートしてしまうと それこそ住人様不安が膨らんでしまいます。 オーナー様のご意向はもちろん!住人様にも配慮が出来る施工会社を選定ください。 ◇マンション寿命 マンションの寿命は、規模や環境によりますが50年~60年と言われております。 修繕を行なう事で、建物を元の状態に回復させるだけでは無く更に頑張ってもらう事が可能となります。 それでも、正直限界は70年程でしょうか。 海外の建物では100年以上の年月を経てもしっかりと建っている建設物も多い中、本当に僅かな期間でしかない事を改めて感じますね。   ◇大規模修繕の時期 国土交通省の資料によりますと、大規模修繕工事は ◍概ね1回目は ⇒築13年~16年前後 ◍2回目は   ⇒築26年~33年前後 ◍3回目以上は ⇒築37年~45年前後 と記されております。 ※国土交通省 その内、1回目の修繕で 築11年~15年 ⇒64.9% と半数以上のオーナー様は早い段階で修繕工事を行なわれている事がわかります。   ◇大規模修繕の工事費用   さて、では気になる費用の相場ですが国土交通省のデータによりますと 戸辺りですと ◍戸辺り 75万円~100万円⇒30.6% ◍戸辺り100万円~125万円⇒24.7% ◍戸辺り 50万円~75万円⇒13.8% となっております。 ㎡数辺りではどうでしょうか。 ◍㎡辺り 10,000円~15,000円⇒41.1% ◍㎡辺り 5,000円~10,000円⇒31.8% ◍㎡辺り 15,000円~20,000円⇒10.0% となっております。   ◇工事内容 工事内容は、建物の状況によって異なって参りますが 基本的には、 ・仮設工事 ・防水工事 ・塗装工事 ・鉄部等補修 ・外壁タイルの補修 ・共用部分 この箇所が多いのでは内でしょうか。 ◇費用の差 さて、冒頭にお伝え致しました「費用事情」に関しまして 皆さまいくつかの会社様にお見積りを取ろうかと考えられていると思います。。 費用で一番差が出るのは、「仮設工事」という事は既にご存じかもしれませんね。 この仮設工事は、足場の設置という事となりますが やはり中間マージンが発生しやすい箇所となります。 基本的に、管理会社様にご依頼されているオーナー様は 全ての工事に関して中間マージンが発生している可能性が高いです。 これからお見積りを取る、もしくはそろそろ建物の状況が気になる。 というオーナー様は、まずは ◍管理会社さん経由でお見積りを取得 ◍近隣の施工会社からお見積りを取得×2社 最低でも、3っのお見積りを取得する事をオススメ致します。 そして、管理会社さんがどの職人さんを保持されているのかを しっかりと確認してください。 特に「仮設工事」(足場設置)は、特定の資格を保有した職人さんが必要となります。 その為、管理会社様が職人さんを保持しているケースは少なく中小企業の足場屋さんへ依頼されることとなります。 そうなりますと、中間マージンが発生し高額の費用となる事が多い傾向となります。 また、足場職人さんがいる会社では「足場」の設置のみ対応が可能となり その他塗装等に関しては、同様に各専門会社様(他社へ)の依頼となる為これもまた中間マージンが発生してしまいます。 大規模修繕で、一番差が出やすい箇所は 「仮設工事」(足場設置)と言っても過言ではありません! 仮設工事は、後に残らない為「何故こんなに費用がかかるのか!」と思われる方も多いかもしれません。 しかしながら、この仮設工事が無ければ他の全ての工事が出来ないのです。 各種職人さんの作業を行なう為の基盤となる足場です。 その足場が揺らいだり、傾いていたりと正確な足場でなければその先の作業に影響が出ます。 細かい箇所等、届かない。 足場が離れていて、作業が出来ない。等 そうなりますと、高い費用を掛けて大規模修繕を始めたのに 本当に修繕が必要な箇所には手が入らず、工事終了となってしまいます。 建物の寿命を左右するのは、もちろん直接の補修作業ですが その作業を丁寧且つ正確に行なう為には、この足場の設置も正確でなければなりません。   実は、一番大切なのは【仮設工事】 ご理解頂けましたでしょうか。 「当たり前の事が当たり前に出来る」企業選びを行なってください。 費用が一番安いから、と契約したけれど 足場職人の質が悪く、その後の工事が出来ない。 それこそ、作業したい箇所に届かず転落してしまった。等 マイナスのイメージが付いてしまう事も残念ながら最近多いのが現状です。   大切な建物・資産です。 オーナー様の目でしっかりと見極めて頂きたいと思います! ワンリニューアルは、町田市にショールームを展開しております。 ご相談にいつでもお越しください! (※大変申し訳ございません。 お客様を訪問させて頂いている事が多く不在の場合はご連絡頂けますと幸いです) 各種専門職人を自社内にて保持しております為、中間マージンが発生せず 高品質・安全・安心のご提供が可能です。   町田市相模原市の大規模修繕専門店ワンリニューアルでは 大規模修繕の悩むオーナー様の不安・疑問を専門ショールームで解説しております。 「大規模修繕の費用を抑えたい」と考えられるオーナー様はぜひ一度お問い合わせください! ご相談・お問い合わせは下記のバナーをクリックしてください!   本日もブログを読んでいただきありがとうございました! さらに大規模修繕について知りたい! という方はぜひ無料の資料をご覧ください! ・劣化は気になるけどコストはかけたくない ・いつ修繕工事をしたらいいのか分からない ・大きな工事なので失敗したくない、、、 そんなお悩みをお持ちの オーナー様へ朗報です! ワンリニューアルのダウンロード資料では ホームページ上では載せきれない、 専門店だからこそ知る、 ここだけの大規模修繕の情報が盛りだくさん! 無料資料ダウンロードは こちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ ワンリニューアルは建物診断を無料で行っています。 資格を持つ修繕のプロがドローン・ 赤外線カメラを用いて詳細な診断を行います。 正しい賃貸経営はまず建物の状態を知ることから! 無料建物診断はこちらから ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 2022年1月31日 更新
大規模修繕の豆知識

喜び・感動・安心・満足をご提供いたします

私達ワンリニューアルは町田市、相模原市地域密着の大規模修繕・マンション修繕専門店として近隣地域の皆さまが安心してマンション・アパートの修繕工事を依頼できる会社作りを目指し、信頼されるサービスの提供に日々取り組んでおります!
町田市、相模原市のお客様から安心してマンション大規模修繕工事をご依頼頂けるよう、地域密着力を活かし迅速な対応をさせて頂きます!
また、マンション大規模修繕専門店のプロとして、入居率を上げたい方や建物を長持ちさせたい方、相続を考えられている方などオーナー様それぞれのニーズに合わせたご提案をさせて頂きます。建物診断から修繕のご提案、アフターフォローに至るまでワンストップでオーナー様のお悩みを解決します。
私達ワンリニューアルに関わる全ての方々へ、喜び・感動・安心・満足をご提供して行く事を使命・理念とし、お客様の笑顔を頂ける事が私達の最大の喜びと報酬でございます。

ワンリニューアル (株式会社ファースト)
代表取締役長田 憲一

皆さまのお越しを
お待ちしております!!

  • ワンリニューアルショールーム
  • ワンリニューアルショールーム

近いから安心!
大規模修繕専門ショールームOPEN!

〒194-0023 東京都町田市旭町1丁目19-19
TEL:0120-915-699
9:00~18:00(日曜日定休)